教育理念 教育理念

ル・トーアは理想の美容師を育成することを目的として運営されている学校です。

なぜ、「理想の美容師」なのか?

現在日本には全国で23万軒を越す美容室があり、そこでは40万人以上の美容師が働いており、この数は概ね一定だといわれています。毎年およそ2万人が美容師資格を取得することを考えれば、一年で約2万人の美容師が業界から消えていることになります。
こうした離職率の高さからも美容師の仕事は決して楽なものではなく、一人前になるには厳しい競争があることがお分かりいただけるでしょう。

だからこそ我々は本校生には、就職後早々と離職することなく、社会から認められるプロとして業界で生き残り、自立することのできる力を身につけて貰いたいと考えているのです。

資格は大切な要件ですがそれだけで身を守ることは出来ません。就職さえすれば必ず成功できるわけでもありません。自分の力で業界を渡っていくためには、美容全般に亘る幅広い分野での専門的なスキルやセンス、そして人間力等を身に付けなければならないのです。

どうすれば「理想の美容師」に?
理想の美容師に求められるのは、まず人の美しさを全体で捉える“トータルビューティ”の視点

トータルビューティートータルビューティー【トータルビューティー】 人の持つ魅力や美しさを輝かせるのは、ヘアスタイルやメイクアップだけではありません肌や体、髪や爪、身に付けるものから表情やしぐさ、ひいては心の状態までもがお互いに深くリンクして人は美しくも醜くもなる。だから美容師は、美容の対象を広く大きく捉え、それぞれに対応できる知識や技術を身に付けなければならないのです。

そして次に求められる素養は4つ。それは・・・

ビューティーセンスビューティーセンス【ビューティーセンス】 美容師には様々な感性が求められます。素材の状態を的確に捉えるための「細やかな感受性」。自分の仕事を正確に観察する「客観的な観察力・几帳面さ」。お客様の多様な美意識や価値観を理解する「幅広い受容力」。そして自分の個性を形に換えて提案できる「創造力」など。こうした感性は授業で教わるものではありませんが、在学中からあらゆる機会を利用して磨きをかけなければなりません。

テクニカルスキルテクニカルスキル【テクニカルスキル】 美容師に求められるスキルには、様々な種類があります。生きた素材であるお客様を健やかに守るスキル。美しく整えるスキル。流行を取り入れるスキル。個性を形に変えて提案する力、これらも単に資格を取るだけでは身につきません。

サービススキルサービススキル【サービススキル】 美容師とは、常にお客様と接しながら仕事を行うわけですから、技術職であると同時に接客業でもあります。お客様に失礼の無い対応はもとより、リラックスできる居心地の良い環境を作ることも大切な仕事の一つ。そのためにも必要なのは接客の基本をしっかり身につける事はもちろん、常におもてなしの心を持ち続けなければならないのです。

ヒューマンスキルヒューマンスキル【ヒューマンスキル】 美容師には、お客様を美しくする事を自らの使命と捉え、責任や誇り、そして生命ある素材に対する謙虚な気持ちを持ってこれに当たる姿勢が必要です。また、お客様や仲間との良好な関係を維持するための、社会人としての常識や幅広い視野を持ち、誰からも好かれる為のコミュニケーション能力を身につけなければなりません。

これら4つの素養を育み、身に付けさせることを目標にル・トーアの教育は行われています。